防草シート 20種類 比較・効果

防草シート 比較 20種類 特価見積り

防草シートをむき出し(曝露)状態で使用する場合は、イネ科雑草や強力雑草が生えるか、生えないか、どの程度の耐用年数があるかが防草シート選定の一つの基準となります。

*

防草シート 販売 見積り

防草シートをむき出しで施工

曝露状態での防草シート
防草シートを敷いてそのままシートの上には、砂利やマルチング材等を載せない場合です。
別の言い方をすると「曝露(ばくろ)での使用」となります。

防草シートが見える状態ですから、お好みの色合いを選ぶということ、耐用年数がどの程度あるのか、あとはどの様な雑草が生えているかが選ぶポイントになります。
耐用年数については、防草シートを敷く環境により異なってきます。
日本列島は縦に長いので、同じ曝露下での使用でも、北海道と沖縄では、時間、強さも含めて紫外線の量がまるで違うからです。

よって、メーカー毎に、実際に施工されたデータから目安をだしている「実績値」、または、専門の機関でシートに何年分相当の紫外線を放射し続けて、劣化具合をだし、防草効果がどの程度まで維持できるかの「試験参考値」などがあります。
あくまでもどのメーカーも目安として記載していることはご理解ください。

昨今は、この耐用年数の基準が各社バラバラのため、あえて表記をしない動きが出ており、繊維大手の東レを始め、徐々にその傾向が強まっております。

どのような雑草が生えている?

主にイネ科雑草が生えているかどうかで選ぶと良いと思います。
※今回は、このイネ科雑草にスギナ、ハマスゲ、セイタカアワダチソウを始めとした強力雑草を含む事とします。

ご注文・お見積り
お問合せ先