防草シート 20種類 比較・効果

防草シート 比較 20種類 特価見積り

雑草が酷い場所は、防草シートで草を抑え、逆に草が必要な傾斜地には、こも芝が使われています。

*

防草シート 販売 見積り

草を生やしたい場所には?

      2017/05/31

雑草を抑えたい場所には、防草シート・除草シート・砂利下シート等を敷いておくのがベストです。

しかし、傾斜のキツイ場所などは、雑草や植物の根がないと逆に土が流れてしまって都合が悪いということになってしまいます。

雑草が無くしたい場所がある一方で、雑草や草を生やしたい場所があるというのは当然のことです。
雑草では、見た目が良くないということで、防草シートにシバザクラなどの地被植物を植栽をするのもコストはかかりますが意外と行政関連の工事では行われています。

後は、一般的にはあまり知られていない方法で、「こも芝」という芝の種入りのロールを法面(傾斜のある面)に敷いていく方法もあります。
この方法は、雑草の種などが混じっていない傾斜にロールを敷き詰めることで、ロール内の芝の種が発芽し、芝で覆われるようになります。その後は、定期的な管理をして緑の景観を維持していきます。芝がある一定の長さ以上に伸びるのを抑制する薬剤を使用したりもします。
こも芝についてはこちらを参照

 - 防草シート 機能・施工例