防草シート 20種類 比較・効果

防草シート 比較 20種類 専門店特価

庭に砂利を敷く時には、砂利の下に防草シート、砂利の端には見切り材を使用することで長期的に綺麗な砂利の庭を維持することができます。

*

防草シート 販売 見積り

砂利を庭に上手く敷くために防草シートを使うとは?

      2017/05/31

砂利を敷いた失敗例
住宅の周囲や庭のイメージを変えたり、飾る時の主な方法として
化粧砂利を敷くことを選択される方は多いです。

そんな庭に砂利を敷こうとお考えの方に
失敗しない為に是非知っておいて頂きたいこと!

砂利の下には防草シートを敷こう

砂利を庭などに敷く場合に、そのまま地面に敷くと
時間が経つにつれ雨に曝されたりすることで徐々に土に埋没してきます。

そうなると砂利は見る見る目減りしていき土と砂利で何だか汚らしく見えてしまったり、
雑草が普通に生えてきて折角の砂利庭が台無しになってしまいます。

これらを防ぐのが防草シートです。

砂利が土に埋没しないので綺麗に維持管理できる。
目減りしないので砂利を補充する回数が極端に減らせます。
雑草が砂利の下の地面から生えてくるのを防ぐ。
毎年の雑草の処理が楽になります。
砂利の層ができるので、雨の日でも水たまりがそれほど気にならなくなる。
落ち葉の処理などを除けば、いつも綺麗な状態の砂利庭が手に入ります。

砂利を敷いた端部には見切り材が便利

次に砂利と防草シートを敷く時にもう一つ大切な点があります。
それは、砂利敷きの端の処理をどうするかということです。

砂利を敷いてそのままにしておくと、端の部分はやはり地面にバラバラとこぼれ広がってしまいます。
何かしらで堰き止める必要があります。

そこで登場するのが見切り材です。

見切り材を使用することで砂利が端からこぼれるのを防ぎ、隣接する他の場所との境界を綺麗に分けることが可能です。

施工される方によっては、レンガや丸太などを用いて見切り材とする場合もあります。

いずれにせよ折角敷く砂利が綺麗に見栄えするように、便利な防草シートや見切り材を使用することで
後のメンテナンスも随分と楽になります。

 - 防草シート 機能・施工例