防草シート 20種類 比較・効果

防草シート 比較 20種類 特価見積り

安い防草シートと高い防草シート、両者の違いは何なのか?なぜ安い防草シートを使ってはいけないのか?その理由をご説明致します。

*

防草シート 販売 見積り

安い防草シートを選んではいけない理由

      2017/07/03

防草シートの知名度も高まり、自宅の敷地に敷く方も増えてきています。
しかし、その中でもホームセンターで売られているような安価な防草シートはオススメしません。
「安いと何でダメなの?」と思われるかもしれませんが、今回はホームセンターの安い防草シートを選んではいけない理由についてご説明致します。

雑草が防草シートを突き抜ける

hikaku1
この写真はむき出しで防草シートの施工比較を行ったものになります。左側が当サイトでもご紹介している不織布防草シートの「エコナル」(グリーン)、右側がホームセンターで購入した安い織布シートになります。

hikaku2
施工から3年後の様子です。品質のしっかりしたエコナル防草シートでは雑草が突き抜けていませんが、安い防草シートでは生地の隙間から雑草が突き抜けていることがわかります。このように、安い防草シートでは繊維間の隙間が広いため雑草の芽が隙間から出てきてしまうのです。

砂利下に敷いた場合

hikaku3
hikaku4
こちらは砂利下に防草シートを施工した場合です。左側がエコナル防草シート(ブラウン)、右側がホームセンターで購入した安い織布シートになります。砂利が流出しないよう見切り材(黒い縁)で囲っています。

hikaku5
施工からわずか7か月後の様子です。エコナル防草シートは雑草を抑えていますが、安い防草シートでは生地の隙間から雑草が突き抜けていることがわかります。砂利の下に防草シートを敷くことで、より雑草が抑えられると言われていますが、安い防草シートではこのように突き抜けてしまっています。

まとめ

施工比較からもわかる通り、安い防草シートでは生地の隙間から雑草が生えてきてしまいます。特に、チガヤやスギナといった地下茎により繁殖し、地上部に芽を出す強害雑草に弱いと言えます。
折角防草シートを敷いてもこのように雑草が生えてきてしまうため、きっちり抑えてくれる品質の良い防草シートをオススメしています。

 - 防草シート 機能・施工例