防草シート 20種類 比較・効果

防草シート 比較 20種類 特価見積り

雪の下に埋もれた防草シートについて。

*

防草シート 販売 見積り

雪の下の防草シート

      2014/11/20

毎冬、雪の多い地域では寒い中、雪かきに追われ大変な毎日を送っていらっしゃるのをニュースで拝見します。

この雪ですが、時々お客様のお問合わせで、「雪の下に春までずっと埋まってしまうのだけれど、傷んだりしないですか?」ということを聞かれます。
答えですが、単純に防草シートが長期間、雪に接していても傷むことはありません。
気をつける点といえば、雪掻きなどをして誤ってシートをスコップなどで切ってしまうことぐらいでしょうか。
後は、シートを施工した土地が軟弱のため雪の重さで凹んだりしますと、打ち込んである固定ピンの箇所から破れが生じてしまうことがあります。
この場合は、転圧などの下処理がシッカリと行われていることである程度回避することができます。

次に雪の影響ではありませんが、冬の繋がりでもう一つ。
冬の庭に朝あるのは、「霜柱」です。
雪と違って霜柱が立つ地域はぐっと多くなります。

赤土の場所等は、地中の表面近くの水分が凍って霜柱になっているのを良く見かけます。
さて、この霜柱ですが防草シートの下で発生するとどうなるのかと申しますと、固定ピンの固定が甘かったりするとシート全体を5cm近く持ち上げてしまいます。

霜柱が立たない状態へ土壌改良するのも大がかりなことですので、できるだけ長めの固定ピンを多めに打ち込むなどして対処する方がいいかもしれません。

 - NEWS/新着情報