防草シート 20種類 比較・効果

防草シート 比較 20種類 特価見積り

再生可能エネルギーの固定買取制度が始まり4年が経過し、買取価格も下降の一途です。初期投資をどれだけ抑え、ランニングコストをどれだけ抑えるかが、今後の太陽光発電の更なる普及を左右してきます。

防草シート選び
エコナル 防草シート 販売 見積り
ザバーン 防草シート 販売 見積り

気になる!太陽光発電の買取価格

      2017/05/31

2012年7月1日よりスタートした国による再生可能エネルギーの固定買取制度。
早くも4年が経過しました。

再生可能エネルギーとして対象となっているのは、太陽光発電、風力発電、地熱発電、水力発電、バイオマス発電となります。

その中でも効率的な投資運用先として太陽光発電が注目され、多くの場所に設置されてきました。
その影響もあり、固定買取価格は毎年若干ずつ下降しています。
気になる電力の買い取り金額は下記の様に推移しております。

2012年には、10kW以上の場合で20年間の買取、価格も40円(税抜)でした。
2013年は、10kW以上の場合で20年間の買取、価格は36円(税抜)。
2014年は、10kW以上の場合で20年間の買取、価格は32円(税抜)。
2015年は、10kW以上の場合で6月30日までの稼働で20年間の買取、価格は29円(税抜)。
7月1日以降は、20年間の買取、価格は27円(税抜)。

このままシステム費用と固定買取価格の20年後の収益でどれくらいまで下がっていけるものなのか気になるところです。

野立てのメガソーラー物件では、パネル設置場所の雑草対策として防草シートが大量に使用されてきました。これにより設置場所の雑草対策の費用削減、パネルの故障確率の低下が挙げられます。
今後は、各場面でコスト削減の現場が多くなると思われますが、野立ての場合には防草シートにより雑草対策を行っておいた方が、翌年からの雑草処理コストが大幅に軽減できることは間違いありません。

更に太陽光発電を普及させていくには、初期投資を抑え、ランニングコストを抑えることで、下降する固定買取価格に対応していくしかありません。

 - 関連記事