防草シート 20種類 比較 防草シートの効果

防草シート選び
エコナル 防草シート 販売 見積り
ザバーン 防草シート 販売 見積り

イネ科 イヌムギの防草 雑草対策について

    最終更新日:

雑草対策
イヌムギはイネ科の多年草です。
道端、空き地、水田周囲などいたる所に群生しており容易に目にすることができます。
春以降に草丈は勢いが良いと1m程度まで伸びます。穂先に比較的大きめな実をバラバラと付けているので分かり易いです。

イヌムギが属するイネ科について

被子植物。更に被子植物は子葉の数で分類されるが、イネ科は単子葉植物になります。
イネ科の植物の特長的な部分が葉の形で、細長く、薄く、葉脈が平行になっています。
ススキの様に根元から葉が出てくるタイプ、その他に茎の途中から葉を伸ばすものもあります。葉は茎の節ごとにつき、葉の基が茎を包むように葉鞘(ようしょう)を形成しています。
花は、咲くと風による媒介で受粉する風媒花になります。

イヌムギを防草シートで防ぐ

イヌムギの雑草対策として当社がオススメする防草シート。
※基本的に防草シートは施工前に雑草を根まで処理し、その後整地してから敷くことで本来の長期間の防草効果を発揮します。
防草シートの敷き方

しっかり防草

エコナル 防草シート
ポリエステル繊維を使用した不織布シート。高密度な構造になっているため0.5mmの厚みでも強害雑草を長期間抑えます。
むき出し、砂利下どちらでも使用できるます。
防草効果に対して価格もお手頃なのでプロから、防草シートが初めてという一般の方まで幅広く使用されている防草シートです。
防草シート プランテックス (旧ザバーン)
世界的なサイエンスカンパニーであるデュポン社が開発した防草シート。防草シートの中ではTOPクラスの太い繊維を使用した強力な不織布です。
厚みによりタイプがあり、強害雑草を抑える場合や、むき出しで使用する場合は240BBタイプがベストです。

 - 雑草一覧